日本最大のコンカフェ求人検索No.1サイト カフェるん バイトサーチ!
アルバイトQA

狙ったコンカフェの面接に受かりたい!

採用率UPの秘訣を教えます!

「コンカフェの面接の合否は相性だから、1つ落ちても他のお店を受ければいい」とよく言われますが、それでもやっぱり狙ったコンカフェに合格したいですよね?
そこで、この記事では少しでも合格率を上げるための具体的なテクニックをご紹介します!

コンカフェバイトで見られているポイント

コンカフェの面接官が見ているのは次の4つのポイント。

  1. シフト的に使い勝手がいいか
  2. 容姿と雰囲気がお店に合ってるか
  3. お客さんに人気が出るか
  4. トラブルを起こさないか

この4点について納得してもらえる見せ方・テクニックを身に着ければ、コンカフェ面接の合格率はぐっと高くなるんです!

採用率をUPさせる見せ方・テクニック

①シフト的に使い勝手がいいか

コンカフェのバイトの面接官は多くの場合、シフト管理者が兼任しています。
シフト上の使い勝手は合否に直結する重要な要素となります。
採用率を上げるためには、シフト管理者が助かるシフト条件を提示することが重要です。

対策:出勤可能日はできるだけ多く、シフト希望は柔軟に

「いつでも出勤できますがシフトの量はお任せします」というのが、シフト管理者にとって最も助かる条件です。
選択肢を多く与えてくれる上に、出勤回数が多くても少なくても文句を言わずに協力してくれるキャストさんは、大変ありがたい存在となります。

対策:終電時間はギリギリを申告しよう

また、退勤時間は可能なかぎり終電ギリギリを申告したほうがいいです。
もちろん終電を逃してしまったら大変ですが、あまり余裕をもって早めに申告しすぎると「23時まで働けないなら使いづらいな」などと思われてしまいます。
「家族の意向でできれば22時半にあがりたいけど、たまになら23時を超えても大丈夫です」といった限定的な表現でも大丈夫です。
混雑時に協力してくれると助かるので、これも採用されやすくなるポイントです。

②容姿と雰囲気がお店に合ってるか

コンセプトカフェはお店ごとの世界観を重視する業種です。そのお店ごとの雰囲気にマッチするルックスや雰囲気でないと採用されにくくなるでしょう。

対策:在籍キャストさんのSNSを参考にする

そのお店の目指す方向性は、在籍キャストさんのSNSを見ればなんとなく分かってくるはず!清楚系のキャストさんが多いお店の面接にギャル系や地雷系の服装・メイクで行くのは避けましょう。

対策:やりすぎ注意

どんなコンセプトのお店であっても、服装やメイク、髪型などはやりすぎには注意が必要です。
特に若い人ほど、盛ろうとしてやり過ぎてしまうことが多いようです。
適度なバランスを保ちつつ、お店の雰囲気に合わせた容姿や雰囲気を心がけましょう。

③お客さんに人気が出るか

コンカフェバイトの採用では経歴や志望動機よりも面接中の「話した感じ」が重視されます。なぜなら、接客時における「再現性」を見ているからです。
面接官はこれまでの経験から「面接でこんな感じなら、接客したらこうだろうな」と予測をたてます。
そのうえで自店のお客さんに支持されて売上に繋がりそうなら採用というわけです。

対策:笑顔が大事!ちゃんとしようとしすぎない

コンカフェバイトは「面接」だからといって、あまり「ちゃんとしよう」としすぎないほうがいいと思います。
お客さんと話すときにそんな堅苦しい話し方をしてたら楽しくないですよね?
面接官が見たいのは、用意してきた答えを練習通りに言えるかどうかではありません。
多少フランクに、愛嬌をもって笑顔で受け答えしたほうが接客業としての活躍が予想できて高評価です。

対策:バイト経歴やフォロワー・ファンは全て伝える

コンカフェ系や水商売のアルバイト経験がある人は隠さず伝えるべきです。
他店での経験は、面接官にとって安心材料となります。
また、特定のフォロワーファンを持っている場合は積極的にアピールしましょう。
集客力のあるキャストさんはどこのお店でも必要としているはずです。

④トラブルを起こさないか

運営スタッフ、キャスト、お客さん、人が多く集まればトラブルはつきもの。
面接官はトラブルを引き起こしそうな人を避けたいと考えています。
しかし、たった30分の面接ではすべてを見抜くことはできません。
ですから面接では表面的な「あやしいポイント」を見せないことが重要です。

対策:過剰なメイク・過激なファッションは避ける

例えば、流行りや自分なりのオシャレだと思っても、面接時には敬遠される可能性のある尖ったファッションは避けるべきです。
過剰なメイクや過激なファッションは、自己主張が強すぎたり協調性が欠如している印象を与えてしまいます。

対策:時間を守る・マナーを守る

いくらコンカフェといってもお仕事なので、時間にルーズな人はマイナス評価となります。
面接の時間に少しでも遅れそうな場合は、事前にお店に電話連絡を入れましょう。
逆に、きちんと連絡・相談ができれば、マナーの良い人として評価が上がることもあります。

最後に

以上、コンカフェの採用率を上げるための秘訣をご紹介しました!
ただし、結局のところ、タイミングも重要な要素です。
同じ人が同じ内容の面接を受けても、タイミングによっては採用されることもあれば、されないこともあります。
人手が十分な状況では、採用は難しくなりますが、人手不足の時には採用されやすい傾向にあります。
お店のSNSで積極的に求人情報を発信している時期がチャンスですので、狙ってみてください!

この記事を書いた人
この記事を書いた人 カフェるん編集部
カフェるん編集部
2010年頃に流行したメイドカフェから、現在のコンカフェブームまで、10年以上にわたり、常にコンカフェ業界の最新情報を発信しています。コンカフェ業界で最大の情報発信サイトとして、これからも活動してまいります。