日本最大のコンカフェ求人検索No.1サイト カフェるん バイトサーチ!
アルバイトQA

それNG!クビになるかも…

即解雇もありえる違反行為について

「コンカフェはすぐクビになるって本当?」「人気がないと解雇される?」「なんか怒られたんだけど、そんなに悪いこと?」
今回は、コンカフェでの重大な違反行為とその理由、そして違反行為を犯した人の末路についてご紹介します。

お客さんと個人的な関係を持つ行為

繋がり行為

これはほとんどのコンカフェで共通のルールでしょう。連絡先の交換店外での面会など、お客さんと個人的な繋がりを持つことは禁じられています。
では、なぜこのようなルールが存在するのでしょうか?
その理由のひとつは、他のお客さんが不快に感じるからです。

みんなが決められたルールの中でお金を払ってキャストさんとのコミュニケーションを楽しんでいるのに、一人だけ抜け駆けしているのは公平ではありません。
もしお店がこのような行為を黙認すると、お客さんからの信用を失うことになります。
2つ目の理由は、同僚のキャストさんたちにとっても迷惑だから。
一人が繋がり行為をしてしまうと「この店は大丈夫」と思われて、他のキャストさんたちにも「連絡先教えてよ」「外で会おうよ」という要求や誘いが増えてしまい非常に迷惑です。

裏引き

次に「裏引き」ですが、少し特殊な用語ですよね。
これは、お店を通さずお客さんと会って金品を受け取る行為です。
店外デートでなくても、ブランド物を買ってもらったり、生活費を支援してもらったり、留学費用を出してもらうなど、お店でのサービスに関係ない金品を受け取る行為は重大な違反行為です。

裏引きはお店にとって損失です。本来はお店に入るはずだったサービスの対価をキャストさんが直接受け取ってしまうため利益が減ってしまいます。

ちなみに、この繋がり行為や裏引きはほぼ100%バレます
なぜなら、いくらキャストさん本人が秘密にしていても、お客さんが自分でバラしてしまうんですよね。自慢したくなるのかもしれません。

また、これらのルール違反をしてしまったキャストさんには大きなリスクも伴います。
お店の中でのトラブルならお店が守ってくれますが、勝手に築いた個人的な関係上のトラブルに関してはお店は責任が持てません。
身バレ、金銭トラブル、ストーカー化の危険があるうえに、自身がルール違反をしている手前、なかなかお店に相談するわけにもいかず追い詰められてしまう可能性もあります。

お店に損失を与える行為

また、お店に迷惑や損失を引き起こす行為も重大な違反行為とされ、クビになる可能性があります。

キャストの悪口をネットに書き込む

掲示板SNS同僚キャストの悪口を書き込んでしまう人がいます。
好き嫌いや相性の良し悪しがあるのは仕方のないことですが、相手を貶めようとする行為は許されません。
その同僚キャストもお店にとっては大事な商品です。
自店の商品を傷つけるような人は解雇の対象となることもあります。

最近ではインターネット上の書き込みから発信者の特定が可能になってきています。
場合によっては損害賠償責任や名誉棄損罪、業務妨害罪などの刑事責任を問われる可能性もあります。

いじめ・派閥

いじめ派閥形成など、職場環境を悪化させる行為も、解雇の対象となる可能性があります。
コンカフェにとってキャストさんは商品の一部であり、商品が損なわれる原因となる行為は排除される可能性があります。

キャストの引き抜き

当然、キャストさんの引き抜きは商品を盗むのと同じく、重大な違反行為です。
キャストさんの採用には想像以上に多くのコストがかかります。
面接や研修には手間と時間がかかっています。
それを無断で横取りされてはお店の損失ははかり知れません。

ちなみにコンカフェ業界では稀ですが、キャストさんの採用にスカウトマンが関わっている場合などは利害関係者が多く、キャストの引き抜きはさらに重大な問題となり、解雇だけでは済まない可能性もあります。絶対にやめましょう!

お客さんの引き抜き

キャストさんだけでなく、お店のお客さんを無断で掛け持ち先や自分主催のイベントなどに誘導するのも重大な違反行為です。
「お客さんが行きたいと言っているから」と軽く考えがちですが、お店にとっては裏切り行為と受け取られる可能性があります。

法に触れる全て

お店のルールというより法律違反の犯罪行為をしてしまった場合は、即解雇となるでしょう。
わざわざ説明する必要もないと思いますが、コンカフェで行われやすい犯罪行為は以下のようなものです。

  • レジのお金を盗む
  • ロッカーから金品を盗む
  • 発注品を転売する
  • 伝票を改ざんして自分の給与を不正に増やす
  • 未成年飲酒

その他

これまで紹介したものは程度にもよりますが解雇になる可能性が高い重大な違反行為でした。
他にも「これはどーなの?」と思われそうなものについていくつかご紹介します。

遅刻・欠勤は?

通常の遅刻や欠勤は解雇になるほどのことではありません。
代わりに罰則が設けられているお店もありますが、その程度で済むでしょう。
当日欠勤はかなりの迷惑をかけることになるので、だいぶ怒られるかもしれません。
ただ、よっぽど何度も繰り返すようでなければ解雇されることは稀だと思います。

一方、無断欠勤は一段階重みが違います。
なんの対策もとれないうえに心配もかけることになるので、これが続くようであれば解雇される可能性は高いです。

売上不振・ノルマ未達成は?

人気がなく売上が少ないキャストはクビになるのか?という疑問ですが、これはおそらく解雇ではなくシフトが削られていくことになるでしょう。
これらは期待を満たしていないだけで、決してお店に損失を与えているわけではないので、解雇になることは稀です。

まとめ

以上、コンカフェをクビになる可能性のある重大な違反行為についてご紹介しました!お店によってルールや基準は異なるため一概には言えませんが、直接的または間接的にお店に損害を与えるような行為は、解雇される可能性があるので注意が必要です。

この記事を書いた人
この記事を書いた人 カフェるん編集部
カフェるん編集部
2010年頃に流行したメイドカフェから、現在のコンカフェブームまで、10年以上にわたり、常にコンカフェ業界の最新情報を発信しています。コンカフェ業界で最大の情報発信サイトとして、これからも活動してまいります。